お問合せなどはメールアイコンから

KakeraBankPress|VOL.26

「松崎ナオ」 アーティスト

カケラバンク:僕達が今、最も興味を持っている方に取材をするこのコーナー。今回のゲストは、初めて主催イベントに出演して頂く「松崎ナオ」さんです。話は「自信」に辿り着きました。

 

~憧れ~

─幹也 : 今年の5月に初めて共演させて頂いた時に、松崎さんの個性に惹かれ、今回生音イベント「暗闇トリップvol.8」に出演して頂く事になりました。

─弘 : 松崎さんの声は特徴的で幼さを残した声ですよね。

─松崎さん : これが自分では嫌でね。どす黒いシャガレた声になりたくて、声帯マニアの先生の所に行ったら、「君の声帯は人より小さくて上にあるから一生太くなりません。」って嬉しそうに言われた(笑)。

─幹也 : 僕もシャガレた声に憧れてます! 一時ライブの前日にコーラをよく飲んでました。

─松崎さん : そんなんで変わるんやぁ。

─弘 : 憧れの声ってあるんですか?

─松崎さん : カートコバーン(ニルヴァーナのボーカル)だね。

─弘 : 男に憧れてたんですか?

─松崎さん : 女には出来ない部分があるから憧れた。

─弘 : 今もですか?

─松崎さん : うん。今もずっとある。でも今決めてるのは、ピークを70・80歳として歳取れば取る程どんどんうるさい音楽をしようって。

─弘 : なんでですか?

─松崎さん : カッコいいから!

─弘 : (笑)

─幹也 : そういう映画ありましたね。

─弘 : 「ベンジャミンバトン」ね。


~曲作りについて~

─幹也 : 松崎さんって曲どういう時に作りますか?

─松崎さん : いろいろ。作ろうって思って作る場合と、あるフレーズが見つかって作っていく場合とか。

─幹也 : 僕は生きてて心に引っかかった訳の分からないモノを解明する為に歌詞を書くんで、出来た時それが流れてって気持ち良いんですが、松崎さんは新曲が出来た後にパァっとした気持ちにはならないんですか?

─松崎さん : あるある! 出来た時は「自分最高!」ってなる。その日はよく寝れる。

─幹也 : 確かに。だから出来ない時は夢の中でも起きた瞬間からでも、その途中の曲の事考えてます。

─弘 : ドラムされてた松崎さんならリズムから曲作りもされるんですか?

─松崎さん : リズムだけで作った曲は何曲かある。

─幹也 : 9月に約40組が出てた「JAPAN FOLK FESTIVAL」で共演させて貰いましたが、松崎さんはあの日のライブで色んなミュージシャンの、特に初めて見る人の何処を見ましたか? 僕は先に歌詞を聞くんです。

─松崎さん : 楽しいかどうかかな。

─幹也 : その人が楽しんでるかどうか?

─松崎さん : ちがうちがう。自分が楽しいかどうか。すぐ客になる。ミュージシャン目線では見ない。ワクってしたら立ち止まる。

─幹也 : 僕はすぐ同業者として見てしまうんです。そのワクってする共通点ってあるんですか?

─松崎さん : いやない。でもやっぱ唄が好みがはっきりしてる。

─幹也 : 好きな人はどんなんですか?

─松崎さん : 嘘っぽくない人。

─弘 : ニュートラルな位置にいたら良いのに、ちょっと無理があったり調子乗り出すと気持ち悪いですよね。

─松崎さん : 調子乗っても良いけどな。乗り切ってれば。

─幹也 : 突き抜けろって事ですね。

─弘 : その人のたたずまいの中で、その人から出てれば良いんやけどね。

─幹也 : そうじゃない人って何をしてるんやろうな。

─弘 : 誰かの言葉を借りてるんかな。

─幹也 : 誰かの言い方やメロディをちょっと変えてオリジナル顔してるって事か。

─弘 : 矛盾が見える時は気持ち悪い。

─松崎さん : とにかくワクってしたら聞く。だって普通にしてると色んな人をミュージシャン目線で見てしまうもんね。

─弘 : ミュージシャン目線でライブ見ると面白くないっすもんね。

─幹也 : 俺は絶対色んな人見ても蔑むもんなぁ。悔しいから。

─松崎さん : え? 私は誉めまくる。

─幹也 : それで後で練習するんですか?

─松崎さん : 私は元々人にかなうと思ってない。自信があるかって聞かれたら「ない!」。それを認めてる。凄いなって思う人は沢山いるし、それをすぐ認める! その人のやって来た結晶やから。でも自分には凄い悔しい。

─弘 : 自信がない事を自信あるように言ってるから分からなくなって来た(笑)。

─松崎さん : 自分がやりたい音楽1個も出来ないし、やれるようにとりあえず死ぬまでやってみて、やれんやったらアホやなぁって思う(笑)。

─幹也 : 価値基準をまずは自分にって事を改めて確認出来ました。今日はありがとうございました。

松崎ナオ

 

やりたいことをやりたい人とやれるようにがんばってます。ライブ誘ってください!!ライブ見にきてください!!

 

■  http://www.matsuzakinao.com/